FC2ブログ

遼東の豕日記

2007年6月から3年半大連に赴任していた(赴任開始時36歳)おっさんが、大連の生活や楽天イーグルスの応援等を書いていたブログです。帰国したため、現在は半休止中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2018大連旅行(2) 大連渤海明珠大酒店

 今回の旅行では、大連駅前のホテル「大連渤海明珠大酒店」に宿泊しました。ネットで検索してもあまり情報がなかったので、後に来る人の参考になるよう泊まった感想をまとめてみました。

大連渤海明珠大酒店地図
 google地図を示しました。大連火車駅(在来線鉄道の駅)から非常に近い位置にあり、また高さも30Fと高いビルなので、場所は非常にわかりやすいです。ただ、新規に開業した地下鉄は中山路に沿って走っているため、こちらに地下鉄で行く場合には「青泥窪橋」駅か「友好広場」駅どちらかからちょっと歩く必要があります。

大連渤海明珠大酒店ビル
 どーんとそびえる高いビル! 30F建てです。一番上のところに、円筒状の部分があるのを、ちょっと覚えておいてください。

 フロントでは、旅行社からの案内を出し、パスポートを提出すれば、中国語も英語もなしでほぼ何とかなります。ひとつだけひっかかるポイントとして「デポジット」(預り金)があり、決まった額を宿泊費用と別に預けるか、クレジットカードを出す必要があります。私達の場合、200元をデポジットとして預けました。フロントの人は日本語をしゃべれないようでしたが、スマホで説明をしてくれて、それで朝食の時間・場所などがわかりました。

大連渤海明珠大酒店エレベーター2
 11~29Fが客室ですが、エレベーターの案内によると となっており、私達の部屋は26Fでした。日本人、それだけ利用者が多いんでしょうね。

大連渤海明珠大酒店エレベーター1
 ルームカードを下のセンサーにかざすと、該当の階に泊まります。宿泊しない人は、基本違う階には行けない、という事ですね。日本人グループが喫煙と禁煙で部屋を分けて取ったりすると、ちょっと困った事になるかもしれません。

大連渤海明珠大酒店の部屋
 こちらが部屋です(朝に撮ったので、ベッドが乱れてます) やや古めの設備ですが、なかなか立派でした。ただ、バスルームは
 と難ありで、カミソリは後からコンビニに行き自分で10元のを買う事となりました。これは普通に切れ味が良かったので、中国で切れ味の良いカミソリがない、なんてわけではないのですが……

大連渤海明珠大酒店テレビ
 テレビは、45チャンネル(だったかな?)で、NHKが映りました。(中国政府にとって)ヤバイ内容だったら、画面が真っ暗になる……のかもしれません(今回見てる範囲ではありませんでした)

大連渤海明珠大酒店からの景色
 窓からは、私が前回(2013年)泊まった、「日月潭大酒店」が見えました。

大連渤海明珠大酒店レストラン前シャッター
 朝食は、30Fのレストランで食べる事となります。ビルの写真で見えた、上部の円筒状の部分です。朝は6:30からで、ちょっと早め(6:20)に来たらシャッターが閉まっていました。時間に厳密なシステム、のようです。

大連渤海明珠大酒店レストランからの景色
 席は、円筒状のスペースから、早いもの勝ちで好きなところを選べます。こちらは駅前の路面電車が走っている通り(長江路)です。

大連渤海明珠大酒店レストランからの景色2
 こちらは大連駅のある側です。30Fの高層から風景を眺めつつ食べる朝食は、なかなか良いものでした。

大連渤海明珠大酒店バイキング4
 食事はバイキングで、中華か洋食から、いろいろと選ぶ事ができます。こちらは中華ですね。

大連渤海明珠大酒店バイキング2
 ただ、保温がなくやや冷めかかりのものもありました。

大連渤海明珠大酒店バイキング1
 デザートも豊富です。

大連渤海明珠大酒店バイキング3
 こちらは最初の朝食で食べたものです。主食は油条に餅、おかゆと中国系で行き、おかずはベーコンにソーセージと洋風としました。マントウはあったら食べたかったのですが、なぜかなかったですねー。

大連渤海明珠大酒店バイキング5
 こちらは翌日に食べたものです。おかゆにアサリの茹でたのを入れて食べると、アサリのうまみがじわーっと来てうまい! 香菜をたくさん入れられるのも嬉しいです。

大連渤海明珠大酒店珈琲
 食後の珈琲は最初からミルク入りでした(笑) 日本のサービス業で見られるようなていねいさは乏しく、それを不満に思ってしまう人はこちらの朝食に厳しい評価になる、とは思うのですが、私は十分満足のいくものでした。



 まあ細かい不満はなくもないですが、前回泊まった日月潭大酒店よりはなるほど星1つ上なのだな、と感じました。また機会があったら、次はもう少し要領良く泊まりたいと思います(笑)

 ちなみに楽天トラベルでは、なぜかページが2つあります() 部屋で料金が決まっており、1人泊でも2人泊でも料金が同じだったりするのが、中国的というか何というか…… 飯代は?
  1. 2018/08/28(火) 15:34:42|
  2. 大連生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2018大連旅行(3) 大連からの丹東日帰り旅行 | ホーム | 2018大連旅行(1) 仙台から行くPeach+関空発ツアー>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://krzo.blog110.fc2.com/tb.php/2118-c6d5f0fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。