遼東の豕日記

2007年6月から3年半大連に赴任していた(赴任開始時36歳)おっさんが、大連の生活や楽天イーグルスの応援等を書いていたブログです。帰国したため、現在は半休止中。

哈大高速鉄路開業

 私が大連に駐在時せっせこ工事をしていた哈大高速鉄路(ハルピン~大連間の高速鉄道)、今月2日に開業したそうです。新しい時刻表を調べてみると、

 こういう事なんだそうです。大連~ハルピンを3時間で結ぶんじゃなかったのかよー!と思ったら
鉴于哈大高铁是世界上第一条投入运营的新建高寒地区长大高速铁路,为了探索积累高寒地区高铁运营管理经验,同时增加哈大高铁运营的安全冗余,尤其是确保冬季运营安全,铁路部门在哈大高铁运营初期,实行冬季和夏季“两张列车运行图”,分别按时速200公里和300公里两个速度等级开行动车组列车,同时实行与两个速度等级相对应的票价。
  冬季运行图实施阶段为每年12月1日至次年3月31日,共4个月。
  夏季运行图实施阶段为每年4月1日至11月30日,共8个月。此次冬季运行图共安排开行动车组列车67对。
 との事。冬(12~3月)は安全のためスピード落として、料金もその分安くする、という事のようです。大連駅に乗り入れられるのならバンバン乗り入れれば良さそうなものを、一部しか乗り入れないのも謎ではありますが、大連駅の設備が足りない、という判断なのでしょう、たぶん。

 ちなみに、大連北駅には1路バスが乗り入れて1元で市内まで行けるようです。大連市街地から空港に行くのと、ほぼ同じくらいの感覚ってところでしょうか。一度乗ってみたいものですが、氷点下20℃くらいのところをかっ飛ばす鉄道というのは未知の領域であり、ちょっとおっかないという気持ちもあります(笑)。夏になってからの方がいいですかねえ……
  1. 2012/12/08(土) 21:06:07|
  2. 大連生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<香菜を育てる(11) | ホーム | 地三鮮と香菜>>

コメント

大連ハルピン 高鉄

冬の高鉄を試して 体験記を教えてください。
青森まで延伸した時、真冬に乗ったら、線路の
両側から噴水がレールと車輪に吹き付けられ
これが無いと凍結するのかと思った次第。
ハルビンの寒さは青森なんかの比じゃないから
レールの凍結を思うと心配です。
北京行きと瀋陽行きはもともと大連駅始発が
あったから、その発車時刻にあわせられるし、
乗客の反応を見て軽軌が大連駅まで伸びたように、或いは 上野発が東京に伸びたように
大連駅が改装されて増えることでしょう。
南関領はやはり不便ですから。
  1. 2012/12/10(月) 19:58:29 |
  2. URL |
  3. サンディ #-
  4. [ 編集]

>サンディ様
 現在の日本の新幹線で最北は新青森、去年の最低温度が-10℃ですが、哈尔滨は

http://www.weather.com.cn/weather/101050101.shtml

 12月10日の段階で既に最低気温が-19℃ですからレベルが違います。現地でどういう事になっているかは興味がありますねー。

 日本と同じパターンならほとんどが大連駅発になるでしょうが、中国ではどうなのでしょう? しばらく様子見たいと思います。

※二重投稿になっていましたので、前の方は消しておきました。
  1. 2012/12/10(月) 20:31:18 |
  2. URL |
  3. krzo #-
  4. [ 編集]

将来は2つの駅から

将来は大連へ来る人のために大連駅まで延伸するでしょうが、金州開発区以北の人口も増えていますから、上野と同じように2つとも停車するというのが日本的発想ですが、どうでしょうか?
暖かくなってから試してください。
真冬の長春に何回か出かけましたがー25度で
これで300KM/H出すと怖いですね。
  1. 2012/12/11(火) 09:03:22 |
  2. URL |
  3. サンディ #-
  4. [ 編集]

将来的には

>サンディ様
金州開発区は確かに大連市政府が力入れてる場所ではありますね。じきに地下鉄もできるはずですし、今はやや不便でも将来的にはほぼ問題なくなる予定……なのでしょう。

真冬の運行は、まず1シーズンやってみないとどうなるかはわかりませんね。安全を期すなら、来季にした方が良さそうではあります。
  1. 2012/12/11(火) 13:28:24 |
  2. URL |
  3. krzo #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://krzo.blog110.fc2.com/tb.php/2048-e38233d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)